メンバー募集

1月19日(土)~1月25日(金)
上映中作品
『あいあい傘』 『赤毛のアン 卒業』
『souvenir the movie  Mariya Takeuci Theater Live』
『嘘はフィクサーのはじまり』 『ハード・コア』
『この道』 『いろとりどりの親子』
『ボーダーライン ソルジャーズ・ディ』 
『ドラゴンボール超 ブロリー』
新着情報!

 

 

◆上映中の作品    
 『souvenir the movie  Mariya Takeuci Theater Live』

2月8日(金)迄 上映予定
2800円均一料金!

201811月でデビュー40周年を迎えるシンガーソングライター竹内まりやの活動を記念して、18年ぶりの伝説のライブ「souvenir(2000)2010年の「souvenir again」、そして2014年に33年ぶりの全国ツアーとして大きな話題となった「souvenia2014」という、いずれもチケット入手が極めて困難だったライブの映像からセレクトしたベストシーンを初の映画化!更に、この映画のために撮り下ろされた最新インタビューや、デビューアルバム『BEGINNING(1978年作品)のレコーディングで訪れた思い出の地、ロサンゼルスで新たに撮影された映像、普段使用しているレコーディングスタジオなど、これまで観ることのできなかった竹内まりやの素顔も収められ、ファン必見の映画!2800円均一料金! 年齢やサービスディの割引対象外!招待券、割引券等もご利用になれません。

出演:竹内まりや

(C)2018 Smile company Ltd.


 『あいあい傘』

一週間の限定上映!
1月25日(金)迄 上映予定

俳優で脚本家の宅間孝行が2007年、当時主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」で上演し、生き別れた娘と父の再会を描いた同名舞台劇を自身で映画化。25年前に姿を消した父の六郎をようやく捜し出した高島さつきは、父を連れて帰るつもりで小さな田舎町へやって来た。しかし、町を散策していく中で、六郎が苗字を変え、知らない家族と新しい生活を築きあげていたことが明らかになる。さつきは意を決し、父の新しい家族に会いに行こうとする。さつき役を倉科カナ、六郎役を立川談春、六郎の新しい妻役を原田知世、六郎を知るテキ屋役を市原隼人が演じる。

監督:宅間孝行
出演:倉科カナ、市原隼人、入山杏奈、高橋メアリージュン、やべきょうすけ
2018/日本/117
(C) 2018映画「あいあい傘」製作委員会

 『赤毛のアン 卒業』

2月1日(金)迄 上映予定

赤毛のアン3部作完結編。14歳の秋、アンは少し大人びて見える。ステイシー先生は、クイーン学院を受験したい生徒たちを集めて課外授業をすることにした。一生懸命勉強すれば教師になれると言われ、興奮して教師への夢を語るアン。マシュウとマリラは、アンに良い教育を受けさせるつもりでいたので喜んで賛成した。アンはギルバートたちと2カ月課外授業を受けクイーン学院を受験。ギルバートと同点の1番の成績で合格。マシュウとマリラは寂しさをこらえながらアンを送り出す。想像力豊かなアンは、グリーンゲイブルズから旅立つ。

監督:ジョン・ケント・ハリソン、
出演:エラ・バレンタイン、サラ・ボッツフォード、マーティン・シーン、ジュリア・ラロンド
2017/カナダ/90
(C) 2017 GABLES 23 PRODUCTIONS INC. ALL RIGHITS RESERVED.

 『嘘はフィクサーのはじまり』

1月25日(金)迄上映予定

リチャード・ギア扮する自称フィクサーの男が、国際的な大騒動を巻き起こす姿を描いたブラックコメディ。自身をフィクサーと称するノーマンは、小さな嘘の数々を積み重ね人脈を広げてきた。ある日ノーマンが偶然を装い高価な革靴をプレゼントすることに成功した、イスラエルのカリスマ政治家エシェルが3年後に首相に就任した。首相となった彼との再会にこぎつけたノーマンは、「首相のお墨付き」という武器を利用して暗躍を始めるが…。監督は「ボーフォート レバノンからの撤退」「フットノート」がアカデミー外国語映画賞にノミネートされたヨセフ・シダー。

監督:ヨセフ・シダー
出演:リチャード・ギア、リオル・アシュケナージ、マイケル・シーン、スティーヴ・ブシェミ
2016/イスラエル/アメリカ/118
(C) 2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

 『ハード・コア』 

2月1日(金)迄上映予定

コミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を、山田孝之主演・プロデュースで映画化。都会の片隅で不器用に生きる主人公とエリートの弟、心優しい友人が、1体の古いロボットを発見したことから人生が一変させる様子を映し出す。世間に溶け込めず、群馬の山奥で怪しい活動家の埋蔵金を探している権藤右近は、唯一心を許せる心優しい同僚・牛山と毎日を過ごしていた。ある日二人は廃工場で古びたロボットを発見し、右近の弟でエリート商社マンの左近が調べると驚異的な性能を持つことが判明。やがて彼らは、ロボットの能力を使って埋蔵金を掘り当てるが……。

映倫:R15+
監督:山下敦弘
出演:山田孝之、佐藤健、荒川良々、石橋けい、首くくり栲象
2018/日本/124
(C) 2018「ハード・コア」製作委員会

 この道

1月25日(金)迄 上映予定
2月1日(金)迄延長決定!

天賦の才を持ちながら、酒におぼれ、自由奔放な生き方をしている詩人・北原白秋と、ドイツ留学を経て、日本初の交響楽団を結成した生真面目な性格の秀才音楽家・山田耕作。児童文学誌『赤い鳥』を発刊した鈴木三重吉は、日本の子ども達に、日本人による童謡を作ろうと、性格も生き方も全く異なるこの二人に童謡創作の白羽の矢を立てる。二人は、ぶつかり合いながらも関東大震災の被害で意気消沈している子ども達を元気づけるために、数々の童謡を世に送り出す。しかし、やがて戦争が始まってくると、子ども達を戦場へ送り出すtまえの軍歌を作ることを命ぜられてしまう……
北原白秋を大森南朋、山田耕作をEXILEのAKIRAが演じている。

監督:佐々部清
出演:大森南朋、AKIRA(EXILE)、貫地谷しほり、松本若菜、小島藤子、由紀さおり、安田祥子他
2019年/日本/105分

(C)映画「この道」製作委員会

『いろとりどりの親子』

1月25日(金)迄上映予定

親や周りとは「違う」性質を持った子どもを持つ300以上の親子たちのインタビューをまとめ、ニューヨークタイムズ紙ベストブックなど、アメリカ国内外で50以上の賞を受賞し、世界24カ国で翻訳されたベストセラーノンフィクションを原作にしたドキュメンタリー。作家アンドリュー・ソロモンが10年の歳月をかけてまとめあげた原作に基づき、自閉症、ダウン症、低身長症、LGBTといった「違い」を抱えた子どもを持つ6組の親子が直面する困難、戸惑い、その経験から得られる喜び、そして親から子への愛情が描かれる。

監督:レイチェル・ドレッツィン
出演:6組の家族
2018/アメリカ/93
(C) 2017 FAR FROM THE TREE, LLC

 『ボーダーライン ソルジャーズ・ディ』

1月25日(金)迄上映予定

アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実をリアルに描き、アカデミー賞3部門にノミネートされた「ボーダーライン」の続編。アメリカで市民15人が命を失う自爆テロ事件が発生した。犯人がメキシコ経由で不法入国したとの疑いをかけた政府から任務を命じられたCIA特別捜査官マットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ暗殺者アレハンドロに協力を依頼。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、メキシコ国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテル同士の争いへと発展させる任務を極秘裏に遂行するが……。孤高の暗殺者が非情な任務に赴く姿を描く。

映倫:PG12
監督:ステファノ・ソッリマ
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン
2018/アメリカ/122
(C) 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 『ドラゴンボール超 ブロリー』

1月24日(木)迄上映予定

鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズ劇場版20作目となる記念作品。テレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」を映画化。今作も鳥山が自ら原作・脚本・キャラクターデザインを担当した。「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見たことのない強者がいるとわかった悟空は、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に見たことのないサイヤ人“ブロリー”が現れる。再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な戦いへ―――。

監督:長峯達也
声の出演:野沢雅子、堀川りょう、中尾隆聖、島田敏、久川綾、古川登志夫、草尾毅
2018/日本/105分

(C) バードスタジオ/集英社 (C) 「2018ドラゴンボール超」製作委員会

※入場者プレゼント有!
※1月19日(土)は応援上映!!

◆スケジュール    
一覧表のスケジュールは こちらへ

【下記の各映画の画像をクリックすると、公式サイトに飛びます】
     
上映中
     
『ドラゴンボール超
ブロリー』

1/24(木)迄上映予定
1月19日(土)は
応援上映!!
 
 『この道』
1/25迄上映予定
一週間の延長決定!
2/1迄上映予定
『いろとりどりの親子』
(Far from the Tree)
1/25迄上映予定
『ボーダーライン
ソルジャーズ・デイ』
(Sicario:Day of the Soldado)
PG12
1/25迄上映予定
『赤毛のアン 卒業』
2/1迄上映予定 
上映中 1月25日(金)公開予定
   
『あいあい傘』
1/25迄上映予定
一週間の限定上映!
『嘘はフィクサーのはじまり』
1/25迄上映予定
一週間の限定上映!
 『ハード・コア』 
R15+
2/1迄上映予定
 『souvenir the movie
Mariya Takeuci Theater Live』

2800円均一料金!
2/8迄上映予定
『PSYCHO-PASS サイコパス
Sinners of the System Cae.1
「罪と罰」』

3部セット前売券発売中!
前売券は1/24で
販売を終了します
1月26日公開予定 1月26日公開予定 1月26日公開予定 1月26日公開予定    2月2日公開予定
       
  『マイ・サンシャイン』
PG12
1/26~2/8
上映予定
『ア・ゴースト・ストーリー』
1/26~2/8
上映予定 
『ヘレディタリー
継承』

1/26~2/8
上映予定
 『マダムのおかしな晩餐会』
(Madame)
1/26~2/1
上映予定
一週間の限定上映!
『アウト&アウト』
2/2~2/8
上映予定

一週間の限定上映!   
2月2日公開予定 2月2日公開予定 2月2日公開予定 2月2日公開予定   2月9日公開予定  
         
『ぼけますから
よろしくお願いします』

2/2~2/22
上映予定
 
 『サイバーミッション』
2/2~2/8
上映予定

一週間の限定上映!
 『メアリーの総て』
(Mary Shelley)
PG12
2/2~2/15
上映予定
『エリック・クラプトン
12小節の人生』

(Eric Clapton
: Life in 12 Bars)

PG12
2/2~2/15
上映予定 
 『ヴィヴィアン・ウェストウッド
最強のエレガンス』 

(Westwood:Punk,Icon,Activist)
2/9~3/1
上映予定
 
2月9日公開予定 2月9日公開予定 2月9日公開予定 2月16日公開予定   2月16日公開予定  
         
 『コードギアス
復活のルルーシュ』

特典付前売券発売中!
2/9~3/15
上映予定
 
 『おとなの恋は、まわり道』 
(Destination Wedding)

R15+
2/9~2/22
上映予定
『家へ帰ろう』
(El ultimo traje)
2/9~2/15
上映予定

一週間の限定上映!
 『母さんがどんなに
僕を嫌いでも』

2/16~2/22
上映予定

一週間の限定上映!   
 『彼が愛したケーキ職人』
(The Cakemaker)
PG12
2/16 ~2/22
上映予定
一週間の限定上映!
2月16日公開予定  2月22日(金)公開予定 3月2日公開予定  3月2日公開予定 3月2日公開予定
       
『私は、マリア・カラス』 
(Maria by Callas)
2/16 ~3/1
上映予定  
   『ねことじいちゃん』
岩合光昭初監督作品!
2/22 ~3/22
上映予定
  『パッドマン
5億人の女性を救った男』
(Padman)
3/2~3/15
上映予定
 
 『それだけが僕の世界』
(Keys to the Heart)
3/2~3/15
上映予定
  『ゴールデンスランバー』 
(Golden Slumber)
3/2~3/15
上映予定
 
いつだってやめられる!  シリーズ3作!レイトショーのみ3週連続上映!  
     
『7人の危ない教授たち』  『10人の怒れる教授たち』  『闘う名誉教授たち』 
2/23(土)、2/27(水)、3/1(金) 3/2(土)、3/6(水)、3/8(金)  3/9(土)、3/13(水)、3/15(金 
       
 
 
『ピアソラ
永遠のリベルタンゴ』 

(Piazzzolla,los anos del tiburon)
3/2、3/6、3/8
3夜レイトのみ上映予定 
 3月9日公開予定  3月9日公開予定   3月16日公開予定  3月16日公開予定 3月16日公開予定
         
 『天才作家の妻
40年目の真実』

(The Wife)
3/9~3/22
上映予定
 
 『ライ麦畑の反逆児』
(Rabel in the Rye)
3/9~3/15
上映予定
 
 『そらのレストラン』 
3/16~3/29
上映予定
『ディアンドナイト』
3/16~3/29
上映予定
『ナチス第三の男』
(The Man with the Iron Heart)
R15+
3/16~3/29
上映予定
 3月23日公開予定 3月23日公開予定   3月30日公開予定 3月30日公開予定  3月30日公開予定 
       
  『迫りくる嵐』
3/23~3/29
上映予定

一週間の限定上映!
 『チワワちゃん』 
3/23~4/5
上映予定
 『バーニング 劇場版』 
3/30~4/12
上映予定
 
  『ジュリアン』
(Jusqu'a la grade)
3/30~4/5
上映予定
  
一週間の限定上映!
『ちいさな独裁者』
(Der Hauptmann)
3/30~4/12
上映予定
 
3月30日公開予定  今春上映予定
         
『ホイットニー
~オールウェイズ・
ラヴ・ユー~』

(Whitney)
『KING OF PRISM
Shiny Seven Start Ⅰ』
前売券発売中!
    ※予定が変更になる場合もございますので、ご了承ください。  
   
【映倫(映画倫理委員会)区分】   
 G どなたでもご覧になれます  R15+  15歳以上の方がご覧になれます 
PG12  12歳以下の方には助言・指導が必要  R18+  18歳以上がご覧になれます 
     
レイトショーのご案内
水曜日、金曜日、土曜日はレイトショーを実施いたします。
レイトショー実施日は基本的に10:00PMの営業となります。  
レイト実施日は8:00PM以降はアゲインビル北側地階入り口のみの出入りとなります。
料金は1300円です。  上記曜日以外にレイトショーを行う場合もあります。

レイトショーは、中学生、高校生同士のご入場はお断りさせて頂いております。但し保護者の方が同伴であれば大丈夫です。
また、上映終了時刻が23時を超えるものは、例え保護者同伴でも18歳以下(高校生を含む)の方はご入場できません。

■1月19日(土)、1月23日(水)
○ 『souvenir the movie  Mariya Takeuci Theater Live』 (100分)
20:00~21:40 2800円均一料金!
○『ハード・コア』 映倫:R15+ (128分) 19:50~21:58

■1月25日(金)
○ 『souvenir the movie  Mariya Takeuci Theater Live』 (100分)
20:15~21:55 2800円均一料金!
○『ハード・コア』 映倫:R15+ (128分) 19:50~21:58

これまで上映した作品の
データベースができました
 
宮崎キネマ館 携帯サイト >>>>>> http://www.bunkahonpo.or.jp/i-cinema/
 お問い合わせ | 営業時間 | 運営 NPO法人 宮崎文化本舗
 宮崎キネマ館はNPO法人宮崎文化本舗が運営しています。 
(C)2001-2009 Non Profit Organization Miyazaki Cultural Head Office All right reserved