2021.4.2(金)より宮崎市高千穂通1丁目178
(カリーノ宮崎駐車場TRUNK)にお引越ししました!
       
           




ご購入後の変更・払い戻しは一切お受けできません。予めご了承くださいませ。






 
 
 







 

(C) 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
『ブラック・フォン』PG12
 8/12(金)~

「ドクター・ストレンジ」を手掛けたスコット・デリクソンによるサイコスリラー。
子供の失踪事件が相次ぐアメリカ・コロラド州の町。気弱な少年フィニーは、ある日マジシャンを名乗る男と出会い無理やり車に押し込まれ、気が付くと地下室に閉じ込められていた。その部屋には頑丈な扉と鉄格子の窓、断線している黒電話があり、通じないはずの電話が突如鳴り響く。それは、この部屋の真実を知る死者からのメッセージだった。一方、フィニーの失踪にまつわる予知夢を見た妹のグウェンは、夢を手掛かりに兄の行方を追う。

2022年/アメリカ/107分
監督: スコット・デリクソン
出演: イーサン・ホーク、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ、他

公式サイト


 

(C) 2022『わたし達はおとな』製作委員会
『わたし達はおとな』PG12
 8/12(金)~8/25(木)終了予定

劇団「た組」を主宰する脚本家・演出家で、ドラマシリーズ「平成物語」などの脚本を担当してきた加藤拓也が監督を務めた恋愛ドラマ。
大学でデザインを学ぶ優実には、演劇サークルに所属する直哉という恋人がいる。ある日、優実は自分が妊娠していることに気づくが、お腹の子の父親が直哉だと確信できずにいた。悩みながらも直哉にその事実を打ち明ける優実。その事を優実に告げられた直哉は、現実を受け入れようと考えれば考える程彼女への思いが揺れ動くことに気づく。
過去と現在を行き来し、感情のグラデーションが胸に迫る、これまでに見たことのない恋愛映画が誕生した。

2022年/日本/108分
監督:加藤拓也
出演:木竜麻生、藤原季節、菅野莉央、他

公式サイト


 

(C) 2022 Spin Master Ltd. PAW PATROL and all related
titles, logos, characters; and SPIN MASTER logo are
trademarks of Spin Master Ltd. Used under license.
Nickelodeon and all related titles and logos are trademarks
of Viacom International Inc.
『パウ・パトロール 大空のミッション・パウ
 ロイヤルストーンをとりもどせ!

 8/12(金)~

個性的な子犬たちと少年ケントで構成されたチーム「パウ・パトロール」が、数々のトラブルに立ち向かうアニメシリーズの劇場版。
チームの仲間たちが暮らすアドベンチャー・ベイからロイヤル王国に舞台を移し、ロイヤルストーンが盗まれたことによって起こる混乱から街を救おうと少年と子犬たちが奮闘する。ある日、デュークがロイヤル王国のロイヤル城からロイヤルストーンを盗み出し、その力を使って悪さをする。街中がパニックに陥る中、ケントたちはロイヤル城に閉じ込められてしまい、残されたスカイらは協力して仲間たちを助け出そうとする。

2020年/アメリカ/45分
監督:チャールズ・E・バスティアン
出演:(日本語吹き替え版) 潘めぐみ、石上静香、小市眞琴、井澤詩織、松田颯水、他

公式サイト


 

(C) 2013 - Winds - Ymagis – Herodiade
【ユニセフチャリティ映画祭】
鑑賞料金の一部はユニセフを通じてウクライナこども支援のための募金として寄付されます。
『世界の果ての通学路』

 8/12(金)~
一般 1500円 親子ペア(3歳以上)2000円 各種割引適用/招待券利用不可

キリンや象の闊歩するサバンナを駆け抜けるケニアのジャクソン。山羊飼いの仕事を終えてから、愛馬で学校へ向かうアルゼンチンのカルロス。女子に教育は不要とする古い慣習が残る村から、寄宿学校に通うモロッコのザヒラ。生まれつき足が不自由で、弟たちに車椅子を押されて登校するインドのサミュエル。
大人の足でも過酷な道のりを通学する子どもたちを映したドキュメンタリー。「なぜ?」という問いに彼らは、真っ直ぐな瞳で答える。「夢をかなえたいから」世界の果ての通学路から、希望に満ちた地球の今と未来が見えてくる。

2012年/フランス/77分
監督:パスカル・プリッソン
出演:道なき道を通学する子どもたち

公式サイト


 

(C) Ren Universe, Inc.
『蟻の兵隊』
 8/12(金)~8/18(木)終了予定
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【8/14(日)舞台挨拶付き上映】
登壇者 池谷薫監督
映画上映 12:00~13:45 
※上映終了後舞台挨拶(30分程度)
通常料金※招待券利用不可
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
第2次世界大戦後も大陸に残り、中国の内戦に巻き込まれた“日本軍山西省残留問題”に肉薄するドキュメンタリー。
歴史に取り残された約2600人もの日本兵たちの悲劇を描く。
奥村和一の体内には、今も第2次世界大戦時に受けた無数の砲弾の破片が残っている。彼は軍命で戦後も中国に残り、中国内戦を戦った。だが長い抑留生活に耐え、帰国した彼を待っていたのは逃亡兵というレッテルだった。彼は元残留兵たちと共に国を相手に軍人恩給を求め、最高裁に上告。その証拠を探しに中国にも足を延ばし、当時を振り返りつつ戦争とは何かを問いかける。

2005年/日本/101分
監督:池谷薫
出演:奥村和一、金子傳、村山隼人、他

公式サイト


 

(C) SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER
『野火』PG12 監督コメント動画付き
 8/12(金)~8/18(木)終了予定

1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。
日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追放され、野戦病院へと送られる。しかし、野戦病院では食糧不足を理由に田村の入院を拒絶。再び舞い戻った部隊からも入隊を拒否されてしまう。空腹と孤独と戦いながら、レイテ島の暑さの中をさまよい続け田村…。
極限の中で戦い続ける兵士達に、戦争とは何だったのか、深く問いかけてくる、塚本監督渾身の一作、7年目の野火。

2014年/日本/87分
監督:塚本晋也
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、他

公式サイト


 

(C) 2022映画「ニワトリ☆フェニックス」製作委員会
『ニワトリ☆フェニックス』
 8/12(金)~8/18(木)終了予定

二人の男の束の間の逃避行を描いた、新感覚珍道中ロードムービー。
幼馴染である草太と楽人は、いるはずもない火の鳥を探す旅に出た。 それぞれの人生に漂う暗い影から、 "少しだけ逃げたかった"束の間の逃避行。物語と並行する謎の花嫁の存在。 裏社会の追手、寂れた妖怪スナック。SM嬢の一味や、農業ラッパー、自転車旅の青年、穏やかな僧侶、誰もいない映画館の館長…あてもなき珍道中で出逢う奇妙な連中や、人生のヒントをくれる様々な登場人物。自由気ままな旅を続ける中、草太と楽人の隠しごとが次第に明らかになっていく。 果たして主人公達が探す火の鳥とは…?

2022年/日本/104分
監督:かなた狼
出演:井浦新、成田亮、紗羅マリー、LiLICo、他

公式サイト


 

(C)Corpulenta Producciones
『息子の面影』
 8/12(金)~8/18(木)終了予定

メキシコ国境付近を舞台に出稼ぎに行ったまま行方が分からなくなった息子を捜す母親の旅路を描いた人間ドラマ。
メキシコの貧しい村に暮らすマグダレーナの家から、仕事と夢を求めて友人とともにアメリカに旅立った息子が消息を絶ってしまう。マグダレーナは息子を捜すため、たったひとりで村を出発する。やっとの思いで得た情報を頼りに、ある村へと向かうマグダレーナは、道中で息子と同じような年齢の青年ミゲルに出会い、彼が母親を捜していることを知る。母と息子、それぞれが大切な存在を捜す2人は旅路を共にするが…。

2020年/メキシコ・スペイン/99分
監督:フェルナンダ・バラデス
出演:メルセデス・エルナンデス、ダビッド・イジェスカス、他

公式サイト


 

(C) 2021 Red Bull Media House. All Rights Reserved.
『アルピニスト』
 8/5(金)~8/18(木)終了予定 8/25(木)迄上映延長!

断崖絶壁に命綱なしで挑む若き天才アルピニスト、マーク・アンドレ・ルクレールに密着したドキュメンタリー。
世界有数の岩壁や氷壁を、たったひとりで命綱もつけず登るというクライミングスタイルの「フリーソロ」を貫いてきた彼は、名声を求めない自身の性格から世界的な知名度はほぼ皆無だが、不可能とされていた数々の難所に挑み、新たな記録を次々と打ち立てていく。
インタビューではアレックス・オノルドやラインホルト・メスナーなどの著名なクライマーたちが出演。雄大な自然を背景に、体力と精神力の極限に挑むマークの姿を、臨場感あふれる映像で映し出す。

2021年/アメリカ/93分
監督:ピーター・モーティマー、 ニック・ローゼン
出演:マーク・アンドレ・ルクレール、ブレット・ハリントン、アレックス・オノルド、他

公式サイト


 

(C) ドキュメントアジア
『標的』
 8/5(金)~8/18(木)終了予定

捏造記事を書いたとして激しいバッシングにさらされた元朝日新聞記者・植村隆氏が、汚名をそそぐべく闘う姿を記録したドキュメンタリー。
1991年8月、朝日新聞大阪社会部記者の植村氏は、元慰安婦だった韓国人女性の証言を伝えるスクープ記事を書いた。その報道から23年後の2014年、記事の内容をめぐって植村氏を「捏造記者」とするバッシングが始まる。植村氏が教職に就くことが内定していた大学や植村氏の家族までもが脅迫される中、大勢の市民や弁護士、マスコミ関係者が支援に立ち上がる…。民主主義の根幹を揺るがすジャーナリズムの危機に迫る。

2021年/日本/99分
監督:西嶋真司
出演:植村隆

公式サイト


 

(C) 2022 Cable News Network, Inc. A WarnerMedia
Company All Rights Reserved. Country of first publication
United States of America.
『ナワリヌイ』
 8/5(金)~8/18(木)終了予定 8/25(木)迄上映延長!

ロシア反体制派のカリスマ、アレクセイ・ナワリヌイを追ったドキュメンタリー。
プーチン政権への批判で国内外から注目を集め、若年層を中心とする反体制派から支持を集めるナワリヌイ。政権にとって最大の敵と見なされた彼は、しだいに巨大な力に追い詰められていく。そして2020年8月、ナワリヌイは移動中の飛行機内で何者かに毒物を盛られ、昏睡状態に陥る。ベルリンの病院に避難し奇跡的に一命を取り留めた彼は、自ら調査チームを結成して真相究明に乗り出す。
サンダンス映画祭2022シークレット作品として上映され、観客賞とフェスティバル・フェイバリット賞を受賞した。

2022年/アメリカ/98分
監督:ダニエル・ロアー
出演:アレクセイ・ナワリヌイ、ユリヤ・ナワリヌイ、マリア・ペブチク、他

公式サイト


 

(C) The Postman from Nagasaki Film Partners
『長崎の郵便配達』
 8/5(金)~8/18(木)終了予定

『ローマの休日』のモチーフになったといわれるタウンゼント大佐と、長崎で被ばくした少年との交流を描いたドキュメンタリー。
戦時中にイギリス空軍の英雄となり、退官後はイギリス王室に仕えたピーター・タウンゼンド大佐。マーガレット王女との恋が報じられ、世界中から注目を浴びた。その後、ジャーナリストとなった彼が日本で出会ったのが谷口稜曄氏。16歳の夏、郵便配達の途中で被爆、大やけどを負いながらも生還し、生涯をかけて核廃絶を訴え続けた人物である。映画では大佐の娘で女優のイザベル・タウンゼントが、父の著書を頼りに長崎でその足跡をたどり、父と谷口氏の想いを紐解いていく。

2021年/97分/日本
監督:川瀬美香
出演:イザベル・タウンゼンド、谷口稜曄、ピーター・タウンゼンド、他

公式サイト


 

(C) 2022映画『希望と絶望』製作委員会
『希望と絶望 その涙を誰も知らない
 8/5(金)~8/25(木)終了予定

人気アイドルグループ「日向坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。
2022年3月に開催された、メンバー念願の東京ドーム公演までの約2年間の道のりに密着。2019年12月、グループ恒例のクリスマスライブにて、一年後の東京ドーム公演がサプライズで告知された。しかしその後、状況は一変。新型コロナウイルスの感染拡大により公演が延期され、誰にも負けない団結力を誇ってきた日向坂46にも、個々の価値観や考え方に少しずつズレが生じはじめる。そんな彼女たちが、夢の場所にたどり着くまで諦めることなく、再びひとつになっていく姿を描く。

2022年/日本/120分
監督:竹中優介
出演:日向坂46

公式サイト


 

(C)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I
VAST - SNOWGLOBE - B-Reel - ARTE FRANCE CINEMA
『わたしは最悪。』R15+
 7/22(金)~8/4(木)終了予定 8/18(木)迄上映延長!

『テルマ』などのヨアキム・トリアー監督がメガホンを取り、第94回アカデミー賞脚本賞、国際長編映画賞にノミネートされた異色の恋愛ドラマ。
30歳という節目を迎えたユリヤ。これまでいくつもの才能を無駄にしてきた彼女は、いまだ人生の方向性が定まらずにいた。年上の恋人アクセルはグラフィックノベル作家として成功し、最近しきりに身を固めたがっている。ある夜招待されていないパーティに紛れ込んだ彼女は、若く魅力的なアイヴィンに出会う。ほどなくしてアクセルと別れ、新しい恋愛に身をゆだねたユリヤは、そこに人生の新たな展望を見いだそうとするが…。

2021年/ノルウェー、フランス、スウェーデン、デンマーク/128分
監督:ヨアキム・トリアー
出演:レナーテ・レインスヴェ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、他

公式サイト


 

(C)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd.,
ALL RIGHTS RESERVED
本年度カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞・エキュメニカル審査員賞 受賞
『ベイビー・ブローカー』
 6/24(金)~

『そして父になる』、『誰も知らない』などで知られ、『万引き家族』ではカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督の新作。「赤ちゃんポスト」をモチーフに『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホを主演に迎え制作した韓国映画。
古びたクリーニング店を営むサンヒョンと、子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていく「赤ちゃんポスト」のある施設で働くドンスは、赤ん坊をこっそりと連れ出し高値で売りつけるベイビー・ブローカーとしての裏家業があった。ある日、若い女性ソヨンが預けた赤ん坊も連れ出した2人だったが、翌日思い直したソヨンが戻ってきて赤ん坊がいないことに気付き、警察に通報しようとする…。

2022年/韓国/130分
監督:是枝裕和
出演:ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、他

公式サイト


 

(C)2022「PLAN75」製作委員会 / Urban Factory / Fusee
本年度カンヌ国際映画祭 カメラドール(新人監督賞) 特別表彰
『PLAN75』

 6/17(金)~8/25(木)終了予定   

少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなっていた。夫と死別し独りで暮らしていた角谷ミチ78歳は、仕事を突然解雇され、住む場所も失いそうになり、<プラン75>の申請を検討し始める…。
早川千絵の長編初監督となる本作は、第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品の快挙を成し遂げた。ミチ役で倍賞千恵子が主演、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実らが共演の見逃せない一作となっている。

2022年/日本/112分
監督:早川千絵
出演:倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、他

公式サイト


 

(C)2022「映画ざんねんないきもの事典」製作委員会
(C) TAKAHASHI SHOTEN
映画ざんねんないきもの事典』
 7/8(金)~8/25(木)終了予定

生き物たちの意外な一面を紹介する人気児童書シリーズ「ざんねんないきもの事典」を、南極・オーストラリア・日本を舞台にした3つのオリジナルストーリーでアニメ映画化。
南極のアデリーペンギンたちは、道に迷ったコウテイペンギンを家族のもとまで送り届けることに。オーストラリアで暮らす、甘えん坊なコアラのリロイは、自分だけのユーカリの木・ホームツリーを探す旅に出る。自分を最強だと思い込むニホンノウサギのウサオと、臆病なツキノワグマの月子。当てのない旅に出た彼らは、それぞれ森の中をさまよう中で、初めて見る生き物に出くわしパニックに陥る。

2022年/日本/91分
監督:ウチヤマユウジ、イワタナオミ、由水桂
声の出演:花江夏樹、内田真礼、下野紘、他

公式サイト


 


(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
(C)2003 Warner Bros. Entertainment Inc.
 午前十時の映画祭12
『マトリックス リローデッド<4Kマスター版>
 8/12(金)~8/18(木)上映終了
一般1500円 会員・シニア1200円 学生1000円 ※各種割引適用


世界観はさらなる進化を遂げ、秘密も深みを増したシリーズ第2弾

預言者オラクルと仮想空間で再会したネオは、マシンとの戦いを終わらせるためにはマトリックスの設計者アーキテクトに会わなければならないと聞かされる。そのためには暗号解読プログラム「キー・メーカー」の協力が不可欠だったが、不正プログラム集団、メロビンジアン一味に幽閉されている「キー・メーカー」救出のため、ネオたちは一味の「城」に乗り込むー。

2003年/アメリカ/138分
監督:ウォシャウスキー姉妹
出演:キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン、他

午前十時の映画祭12公式サイト


 

 
 
映倫(映画倫理委員会)区分
【PG12】 12歳以下の方には助言・指導が必要  【R15】15歳以上の方がご覧になれます  【R18】18歳以上の方がご覧になれます 
    予定が変更になる場合もございますので、ご了承ください。
 





 miyazaki kinemakan
     
 | お問い合わせ | 運営 NPO法人 宮崎文化本舗 |
 宮崎キネマ館はNPO法人宮崎文化本舗が運営しています。 
(C)2001-2009 Non Profit Organization Miyazaki Cultural Head Office All right reserved