宮崎キネマ館 
◆上映中の作品

 【2月22日(土)~2月28日(金)】
『私のちいさなお葬式』   

3/6迄上映予定 
ロシアの小さな村で友人たちと大好きな本に囲まれ、慎ましくも充実した暮らしを送る73歳のエレーナはある日、病院で突然の余命宣告を受ける。仕事に大忙しで5年に1度しか顔を見せないひとり息子のオレクに迷惑をかけまいと、ひとりぼっちでお葬式の準備をすることに。手続きを済ませ、真っ赤な棺を買い、森の墓地に眠る夫の隣にお墓を掘り、すべての段取りを整え終えたエレーナだったが、彼女の“完璧なお葬式計画”は想定外の事態へと転がりだす。
悲しいお話と思いきや、途中途中で出てくる死についてのジョークがユーモアに溢れ、笑って泣ける優しさに包まれたあたたかな物語。

監督:ウラジーミル・コット
出演:マリーナ・ネヨーロワ、アリーサ・フレインドリフ、エヴゲーニー・ミローノフ、他
2017年/ロシア/100分
(C) OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

 
『エクストリーム・ジョブ』 
 
3/6迄上映予定
昼夜問わず走り回るが実績はどん底、挙げ句の果てに解散の危機を迎える麻薬班。これ以上引き下がれないチームの年長者であるコ班長は、国際犯罪組織の国内麻薬密搬入情報を入手し、4人のチーム員たちとともに潜伏捜査にでる。麻薬班は24時間監視のため、犯罪組織のアジト前にあるチキン屋を買い取り、偽装創業をおこなうことに。チキン商売で目まぐるしいほどに忙しくなり、捜査は後回しになった麻薬班に、ある日絶好の機会が訪れるのだが…。
韓国で歴代興行収入No1を記録した超話題作。昼はチキン店、夜は潜入捜査官、前代未聞の“揚げる大捜査線”が始まる!!

映倫:PG12
監督:イ・ビョンホン
出演:リュ・スンリョン、イ・ハニ、チン・ソンギュ、イ・ドンフィ、他
2019年/韓国/111分
(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED

 
『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』 

3/6迄上映予定
始まりは、現代のニューヨーク。学生時代からのカップルのウィルとアビーは大恋愛の後に結ばれる。第一子の誕生を間近に控え幸福の絶頂にいた時、想像を絶する事故に遭遇する…。そして、たまたま訪れたマンハッタンで、その顛末に関わった幼い少年。彼は海を越えたスペインの大地で、両親と父の雇い主であるオリーブ園のオーナーを、ドラマティックな人生へ誘っていく。二つの家族は、数奇な運命に引き裂かれながらも、思わぬ奇跡でつながっていく。ボブ・ディランの名曲と共に…悲しみと共に存在する喜びを見つけることができると教えてくれる、感動ストーリー。

映倫:PG12
監督:ダン・フォーゲルマン
出演:オスカー・アイザック、オリヴィア・ワイルド、マンディ・パティンキン、オリヴィア・クック、他
2018年/アメリカ/117分
(C) 2018 FULL CIRCLE PRODUCTIONS, LLC, NOSTROMO PICTURES, S.L. and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED.

 
『失くした体』   
 
2/28迄上映予定

『アメリ』などの脚本を担当したギョーム・ローランの小説を原作にしたアニメーション。パリにある医療研究施設で切断された手が施設から逃走した。手は身体の持ち主であるピザ配達人ナウフェルと再会するため、パリの街を彷徨。ネズミやハトに追いかけられたり、ゾッとするような体験をしたりする。手は、何かに触れるたびに記憶をよみがえらせていき、ナウフェルの幼いころの思い出や恋心が明らかになっていく…。体を求めて街をさまよう切断された手と、ひとりの青年の心に芽生えた淡い恋心。パリを舞台に、恋愛と謎が交錯する不思議な冒険を描いた、繊細なアニメ作品。

監督:ジェレミー・クラパン
声の出演:ハキム・ファリス、ビクトワール・デュボワ、パトリック・ダスンサオ、他
2019/フランス/81

 
『影裏』    
 
3/12迄上映予定
 転勤で岩手に移り住んだ今野は、慣れない土地で出会った同僚の日浅に心を許し、次第に距離を縮めていく。しかし、ある日突然、日浅は何も言わずに会社を辞めてしまう。しばらくして再会を果たした2人だったが、一度開いた距離が再び縮まることはなく、その後は顔をあわせることなく時が流れていく。そしてある時、日浅が行方不明になっていることを知った今野は、日浅を捜すが、その過程で日浅の数々の影の顔、裏の顔を知ってしまう。第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説「影裏(えいり)」を、綾野剛と松田龍平の共演で映画化したヒューマンミステリー。
監督:大友啓文
出演:綾野剛、松田龍平、筒井真理子、他
2020年/日本/134分

(C) 2020「影裏」製作委員会
『パラサイト 半地下の家族』   
 
上映終了日未定
3月いっぱいは上映しています!
2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した作品。
全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。
2つの家族を軸に、世界が直面している貧富格差を痛烈に批判しつつ、コミカルさやサスペンス感など交え、圧倒的なエンタテインメント性を持たせた物語展開で描き切っている。

映倫:PG12
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、他
2019年/韓国/132分
(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED


今年度、アカデミー賞
作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞 4部門受賞!!

美術賞・編集賞 ノミネート!
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』   
 
2/28迄上映予定
片渕須直監督がこうの史代の漫画『この世界の片隅に』をアニメーション映画化して異例のロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得てから3年。新エピソードを追加し、これまで目にしていたシーンや人物像がまったく異なる印象で息づき始めた物語。日本が戦争のただ中にあった昭和19年、広島県・呉に嫁いだすずは、迷い込んだ遊郭で、同世代の女性・リンと出会った。見知らぬ土地で初めて出会った同世代の女性に、お互い次第に心通わせていくが、二人の境遇はあまりにも違っていた……前作を知る人も、知らない人も、新しい『この世界の片隅に』を体感するに違いない。

監督:片渕須直
声の出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、他
2019年/日本/168分
(C) 2019こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

 戻る