T-テラス Project
高千穂通りを愉しくする会 規約

本文へジャンプ
T-テラス プロジェクトとは?
 宮崎市内の玄関口である高千穂通り。JR宮崎駅から真っ直ぐに東西に伸びる県道は宮崎県のシンボルロードの1つとして、また県都の正面玄関として長い間、県民に親しまれてきた。
 しかしながら中心市街地の空洞化、郊外に大型SCが進出してきたことなどが要因となりどこか淋しい。またムクドリの糞害などが拍車をかけ、元気がなくなってきた。
 平成18年度に、高千穂通りの住民・事業者、行政やNPO関係者等が集まり「高千穂通り」を何とかしたいね!ということからワークショップが開催された。
 そこで見えてきたいろんな課題…。平成17年度に発生した、台風14号の被害で浄水場が被害を受け、宮崎市民への給水が困難な状況になった。その時まで稼動していた高千穂通りにある噴水は「水の無駄だ」という観点から、停止してしまった。その後、ムクドリの糞が、噴水のフィルターを覆ってしまった。
 噴水の修理に要する費用は約200万円。噴水のメンテナンスに要する費用は年間約400万円。今更再開することは困難だ。
 そこで生まれたとんでもない計画、それが「T−テラス プロジェクト」だ。
 社会実験として、カリーノ前の噴水の上を覆うステージ「T−テラス」を制作する。それも宮崎県の杉材で常設で作ろうというものである。
 中心市街地の活性化のひとつとして、県民が誰でも利用できる、そして誰もが仕事の帰りに立ち寄りたくなる「場」として活用しようという提案である。
 今回の事業は、市民(住民&事業者)と行政が一体となった取り組みである。予算はゼロ。道路の使用に関する許認可、景観条例、道路交通法etc…クリアしなければならない課題は
山積みである。これをみんなで力を合わせ、企画から計画作り、そして運営と管理までの仕組みを作り上げるモデル事業としてスタートした。
 2007年8月3日(金)に、正式な実行委員会「高千穂通りを愉しくする会」が発足。宮崎大学准教授・吉武哲信氏が会長に就任した。2007年10月の完成を目標に、前代未聞の協働プロジェクトがいよいよ始動しました!
※ T-テラスの詳しいコンセプトは「これまでの経緯」をご参照ください。
   (C)Takachiho St. T-Terrase Project